FC2ブログ

Ωのgdgd日記

このブログはΩによるgdgdした日記です。 仕事の事やその他もろもろテケトーですw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

autumn emergency(前編)

安定の遅延申し訳ありません!
では、続きです!どうぞ~

sound only...

2011/10/16...
戦闘用電脳空間――――
23:06

リリウムの提案で模擬戦をすることとなったエルザとウルスラ、戦いの場として用意されたのはΩの趣味で特殊戦闘フィールドとして創られた「デジタルセキュリティーウォール」、無重力空間の中に無数の鉄骨、鉄柱が浮かび行動が制限される

リリウム「お、準備できたみたいだね!」

ウルスラ「フン、その鼻っ柱・・・へし折ってやる」

エルザ「ウルスラ、油断しないでくださいね」

ウルスラ「わかってる・・・あいつもアンジェと同じだからな」

トウカ「お二人共・・・行きますよ!」

リリウム「文章は不満だけど、活躍できるからね!軽く遊んであげるよ!」

トウカ「リリウム、何を言っているんですか?」

リリウム「はいはい!カウント行くよ!」

3・・・

2・・・

1・・・

ready?

fight!

ウルスラ「先手はいただく!でぇぇぇいやぁぁぁあ!!」

エルザ、トウカが距離を取る中、ウルスラはリリウムへ突撃し、リリウムはそれをみて余裕すら見せている

ゴォォォォオ!!

翡翠色の斬撃がリリウムを襲う!

リリウム「おーおー!良い攻撃だねー・・・でもね!」

ギギギギギ!

翡翠色の斬撃は、紅い斬撃によって受け流され、そして・・・

リリウム「マスターでなくても、これくらいはボクでも見切れるよ!」

ウルスラの攻撃を受け流した赤い斬撃が今度はウルスラを襲う、動きにどこか違和感を感じたウルスラであったが、いたって冷静であった

ウルスラ「どこかでみた動きだが、予定通りだ!」

リリウムの突きをかわし、両腕、サブアームを掴んだ

ウルスラ「捕まえた!今だ!エルザ!!」

エルザ「了解!ちゃんと捕まえててくださいよ!」

合図を受け、エルザがチャージしていたレールガンを撃ち放った
弾丸は真っ直ぐリリウムへと向かっていく

リリウム「あちゃ~油断したよ」

ドカァァン!・・・

放たれたレールガンは着弾し、

ウルスラ「見事だな!エルザ!」

エルザ「さっきのレールガン・・・さほど爆発力はないはずなんですが・・・」

リリウム「いやー、確かに見事だったねー!」

ブオッ!

爆煙から現れたのはリリウムであった
しかも無傷である

エルザ「何故・・・?直撃だったはずです!」

リリウム「まぁ2対1だったら直撃だったかな?」

トウカ「私も仕事はしますよ?ボケっと立っているわけにもいきませんからね」

リリウム「トウカー!ナイスアシスト!」

直撃の寸前、トウカが煙幕札付きクナイをレールキャノンの砲弾に命中させ、相殺、煙幕を張ったのであった

リリウム「さっきのはちょーっと驚いたかなー?いい連携だったねー」

ウルスラ「ッ!エルザ!次来るぞ!」

エルザ「わかってます!」

リリウム「遅いよっ!「クイック」!」

ブオッ!

エルザ&ウルスラ「!?」

そこにいたはずのリリウムが姿を消し、センサーにも映らなくなってしまった
必死で探すエルザとウルスラであったが、捉えられず

リリウム「まだまだ甘いなぁ・・・こっちだよ!」

いつの間にか後ろをとられていた

ウルスラ「いつの間に・・・!」

ウルスラは瞬時に左腕部のガトリングで迎撃しようとしたが――――

トウカ「忘れられては困ります!」

ズバッ!ズバッ!

ウルスラ「グアァッ!」

リリウムに気を取られていたウルスラは、トウカに懐にはいられてしまい刀の連撃を喰らい、吹き飛ばされて鉄柱に激突してしまった

エルザ「ウルスラ!」

リリウム「おっと、余所見はいけないなぁ~・・・こっちもいるのに・・・ねっ!」

エルザ「クッ・・・!」

ギギギィィン・・・

咄嗟にレーザーブレードで攻撃を防いだ、が、その斬撃は重く、長くは持ちそうにない

リリウム「今の判断はいいねぇ・・・じゃあこれはどうかな!?」

リリウムは持っていたダブルブレードを二つに分け、片手剣を左手に持ち替え、斬りかかった!

エルザ「ッ!」

これまた紙一重、押される力を利用して下の方へ逃げた

リリウム「ほー!いい動きだねー!」

バランスを崩していたウルスラが体制を戻し、エルザの元に近寄ってきた

ウルスラ「ハー・・・ハー・・・結構強いな・・・」

エルザ「ですね・・・二人ともとても強いです・・・!」

疲れきった二人とは対照的なリリウム・トウカコンビ

リリウム「二人共なかなかやるねー!マスターからバトルスキル教えてもらってないのに」

トウカ「確かにそうですね・・・独学であそこまで・・・なかなかお強いです」

ウルスラ「やっぱりな・・・マスターの動きに似ていると思った・・・」

エルザ「マスターと同じ動き・・・通りで押される訳ですね・・・」

リリウム「じゃあー・・・次いくy――――」

ドゴォン!

一同「「!?」」

突如壁面が爆発し、その空いた穴から1体、何かが現れた

ラブマシーン「・・・・・・・・・」




to be continued...
スポンサーサイト
  1. 2012/07/10(火) 22:01:53|
  2. 物語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<削除項目 | ホーム | 秋の日常、異変の始まり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omggdgd.blog28.fc2.com/tb.php/19-9ec7362e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Ω

Author:Ω
ようこそ!ここはΩによるgdgdしたブログです
さぁ!振りきるぜ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
挨拶 (2)
オフ会レポート (8)
雑談 (2)
報告 (1)
WFレポート (4)
物語 (5)
注意 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。